子宮内避妊用具

2011-04-16

IUD(またはIUCD)と呼ばれる子宮内器具(主にプラスチック製の器具)で、リング状・ループ状・コイル状などの様々な形があります。日本ではリング状のものが早くから普及したため、避妊リングと呼ばれることもあります。
これを病院において子宮内に挿入しておくと体機能としての異物排除機能が働き、受精卵の着床を妨げることで妊娠を防ぎます。使用感はほとんどなく、また長期(1~5年)の使用が可能です。
ただし、子宮に異常のある場合は使用出来ない・月経の出血量増加や期間延長・下腹痛・不正出血が起きる場合があるほか、月経中自然にIUDが体外に出てしまうこと(自然脱出)もまれに起こります。また普通の妊娠は防げても、子宮外妊娠は防げない場合もあります。

Copyright(c) 2011 医療法人マイビー・まつなが産婦人科 All Rights Reserved.